TVチャンピオンで優勝の森田誠の命令しない犬のしつけ方法

今の若い人たちは知らないかもしれませんが、2006年9月まで放送されていたTVチャンピオンという人気番組がありました。

様々な競技で出演者たちが競い合う番組であり、ダメ犬しつけ王選手権という企画が放送されました。

今回は「TVチャンピオンダメ犬しつけ王選手権」で優勝した森田誠の命令しない犬のしつけ方法について、レビューをまとめてみました。

「森田誠の命令しない犬のしつけ方法」の詳細はこちらから

森田誠の命令しない犬のしつけ方法とは

エサを与えるときに待てと指示したりその場に座るようにお座りと言うのは、犬に命令を出すことになります。

命令はしつけや訓練のために命令を出すのが悪いわけではないのですが、どうしても犬を支配することになります。

支配によって犬に悪いことをさせないようにするしつけがあり、これを体罰式しつけと言います。

日本では昔から体罰式しつけが普及していたのですが、最近になりこれを否定する考え方が出てきたのです。

その影響もあってか、犬に命令しない森田誠のしつけは人気を博しています。

どうしていう事を聞いてくれないの?

犬に命令を出しても従わない場合、飼い主はイライラしてしまうかもしれません。

そのイライラが大声で怒る、体を叩く、などの体罰につながる場合もあります。

愛犬との時間が楽しく感じなくなると、しつけに対するモチベーションが下がるでしょう。

犬などの動物と過ごす時間は癒しになると言われているのですが、命令に従わない犬の存在が問題を大きくしてしまうかもしれません。

しつけが上手くいかない原因は様々ですが、犬の心理状態が関係する場合もあります。

犬の心理状態がわからない場合を、人間で考えてみましょう。

親や仕事の上司、学校の先生や先輩などに命令された場合を考えてみてください。

これをするな、これをやれ、などと命令されたときの心理状態をイメージしてみてください。

命令は何かを課せられる行為であるため、良く思わない人もいます。

自分よりも目上の相手でも命令ばかりされれば、その相手のことを嫌いになっても不思議ではないでしょう。

信頼関係がなければ犬も嫌と感じる

飼い主が犬のしつけを行う場合も、同じようなことが言えます。
犬は頭の良い動物であり、飼い主から様々なことを学習します。

そして犬などの動物にも心理状態はあり、理不尽な命令ばかりでは飼い主との関係性が悪くなる可能性もあるのです。

犬のしつけは理不尽に怒ったりエサをご褒美にして支配するのではなく、信頼関係を築いた上で飼い主の指示に応じる心理を育むことを大前提に作られています

TVチャンピオンで優勝の森田誠の命令しない犬のしつけ方法は、犬の心理を育むのに向いています。
実は私はTVチャンピオンが好きで、昔はよく観ていました。
森田誠さんは他の参加者を圧倒し、見事優勝していたのです。
犬のしつけのプロが手掛ける教材ということもあり、さっそく試してみました。

愛犬に命令する必要がないため、とても素晴らしいと思いました。
人間の都合で犬に命令を出すことは、支配になるのではと疑問に思っていました。
支配だけでは犬に愛情を与えることができず、しつけを成功させるために必要な信頼関係が成立しにくいのです。
飼い主が愛犬の体質や性格をよく理解して、社会で生活するために必要なマナーなどを教えることがしつけなのです。

森田氏の教材で学んだこと

この教材ではこれらの大切なことを勉強できました。

教材はマニュアル本とDVDのセットとなっており、その中に基本から応用まで多くの情報が載っていました。
初心者でもわかりやすい内容で、チェックしやすいです。

私の愛犬は、無駄吠えがひどかったです。
たとえばインターホンが鳴ると、音がする方に向かって何度も吠えてしまうのです。
家に誰かが来るたびに吠えてしまっていたので、正直飼い主である私もストレスを感じていました。

そこで教材を使用して、どうして犬がインターホンに反応して吠えるか「犬の心理」を学ぶことができました。
外敵の存在に反応したとき、精神的に不安定になったとき、などに犬は吠えるようです。
また犬も人間と同じようにストレスを感じ、それによって吠える場合もあるようです。

教材の中には吠える原因や対処法が詳しく載っていたため、とても参考になりました。
犬が吠えざるを得ない心理状態であれば、精神的に落ち着いて静かにできるようにしつけを行えば良かったのです。

それを知った私は早速教材を参考にして、落ち着かせるためのしつけを続けてみました。
最初は失敗したのですが何度が続けるうちに効果が見られ、今ではインターホンの音が聞こえても吠えることはありません。

まとめ

TVチャンピオンで優勝した森田誠の命令しない犬のしつけ方法のレビューでしたが、参考になりましたでしょうか。

かつて放送されていた人気番組で確かな結果を出したプロが監修しているため、一般的な書籍などよりも効果が期待できます。

犬にも心理状態があり、それによって飼い主との信頼関係が変わる可能性があります。
しつけが成功しやすい心理状態を育むためには、体罰式しつけによる支配をやめることです。
犬を家族の一員として認め、愛情を持って接するところから始めてみてください。

私は教材で基本から応用に至るため、愛犬にとってとても重要なことを勉強できました。
そしてそれは飼い主である私自身の成長にもつながり、今ある幸せのために必要なものだったのです。

詳しい内容はこちらからどうぞ!



「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

ハリウッド超有名監督に見初められたイヌバーシティ前のページ

噛む犬専門のしつけ方と専門のドッグトレーナー次のページ

関連記事

  1. コラム

    飼い主の8割が悩んでいる犬の問題行動の原因とは?

    平成22年犬の飼育数は890万3千頭(ペットフード協会調べ)で、ピーク…

  2. しつけの基本

    犬のしつけと訓練の違いは?

    一般家庭で飼われている犬でも、飼い主や専門的などがしつけをすることがあ…

  3. 犬しつけいつから

    しつけの基本

    犬のしつけいつから始める?子犬に教えたい基本的なしつけとポイント

    犬のしつけを始めるには、幼いころから始めるのが当たり前ですが、…

  4. しつけの基本

    愛犬があなたの言う事を聞いてくれないのは何故?

    inuversity(イヌバーシティ)について詳しくはこちら…

【カナガンデンタルドッグフード】食べるだけで簡単キレイケア

愛犬のトイレのしつけに洗えるペットシーツ

  1. コラム

    飼い主の8割が悩んでいる犬の問題行動の原因とは?
  2. しつけの基本

    TVチャンピオンで優勝の森田誠の命令しない犬のしつけ方法
  3. 犬の健康

    愛犬の健康状態・症状に合わせたサプリ選び
  4. 専門別しつけ法

    50年のベテラン・カリスマドッグトレーナー藤井聡の犬しつけ法
  5. 犬のお手入れ

    【愛犬】自宅でできるチワワ専用の可愛すぎるトリミング方法とは?
PAGE TOP